Z1102 教育原論1 第1設題 A評価

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数356
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評価です。所見の評価も高いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Z1102 教育原論1 第1設題
    ハヴィガーストの発達課題について述べよ。
    ※A判定です。
    参考文献:『教育学の基礎』佛教大学通信教育部
    ハヴィガーストの発達課題について述べよ。
    発達課題とは,人間には発達に応じた課題があるということを意味する。ハヴィガーストは,発達課題を体系的に論理化し,教育と結び付けて考察を深め『人間の発達課題と教育』を著した。個人が学ばなければならない諸々の課題,すなわち生涯の発達課題は,我々の社会において健全な成長をもたらす。発達課題は,個人の生涯に巡り色々の時期に生ずるもので,その課題を立派に成就すれば個人は幸福になり,その後の課題も成功するが,失敗すれば個人は不幸になり,社会で認められず,その後の課題の達成も困難になってくる。
    生活することは学ぶことであり,成長することも学ぶことである。我々は歩いたり,話したりすることを学ぶ。また,本を読むことや,同年輩の異性と仲良くすることを学ぶ。さらに仕事をしたり,子どもを育てたりすることを学ぶ。老後あまり仕事ができなくなったときは円満に引退し,共に暮らした夫または妻なしに,一人で暮らすことを学ぶ。これはすべて学習の課..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。