Z1001 日本国憲法 第1設題 A評価

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数513
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評価です。所見の評価も高いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Z1001 日本国憲法 第1設題
    法の下の平等について
    ※A判定です。
    参考文献:『憲法入門〔第4版補訂版〕』有斐閣
    法の下の平等について
     人間平等の理念は,個人の尊厳の原理の当然のあらわれである。人間生来の平等を主張する近代的自然法思想,全ての人間の平等を説く近代的宗教思想,平等価値の実現を目標とする近代民主主義などの諸要因を背後に受けて,法の下の平等は近代憲法に受け入れられている。個人の自由な意思決定と活動に対して,国家権力が介入することを排除する「国家からの自由」と共に,近代憲法は「平等」と「自由」を基本理念としている。近代市民社会において「平等」とは全ての個人に均等に機会を与えるという「機会の均等」(形式的平等)を意味していた。しかし,結果的に貧富の差が拡大し,個人の不平等がもたらされた。そこで,社会福祉国家においては,社会的・経済的弱者に対してより厚い保護を与え,他の国民と同等の自由と生存を保障するという「結果の平等」(実質的平等)が求められるようになった。
    日本国憲法第14条では,一般原則として徹底した法の下の平等を保障し,いくつかの平等規定をおいている。ただし,平等権の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。