S8105 理科教育法Ⅱ 第1設題 A評価

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数801
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評価です。所見の評価も高いです。どこの地域でも対応できます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S8105 理科教育法Ⅱ 第1設題
    (1)子どもたちが生活している「地域の自然」を教材化する必要性を2つの観点から解説せよ。
    (2)そのうち1つの観点から,あなたの居住している地域の自然を教材化した事例(授業の展開例)を示せ。
    ※A判定です。
    ※どこの地域でも対応できます。
    参考文献:『新理科教育』佛教大学通信教育部
    (1)子どもたちが生活している「地域の自然」を教材化する必要性を
    2つの観点から解説せよ。
    日本の国土は,亜熱帯気候帯から,亜寒帯気候帯にまで広がっており,北と南では気候が著しく違う。また,海を隔てて,大陸のはずれに位置していることと,列島を貫く山脈があることにより,日本海側と太平洋側でも大きく気候が異なる。したがって,地域によって様々な自然,自然現象,動物や植物が存在し,じつに変化に富んでいるといえる。
     最近では,地域性を生かした理科教育が注目されはじめ,地域の自然をテーマにした「副教材」が各地で開発され,使用されている。では,なぜ地域の自然を教材化する必要があるのだろうか。次の2つの観点からその必要性を述べる。
     ①「子どもの自然の認識」という観点
    教育学者の森一夫..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。