R8102 日本文学概論1 第1設題 A評価

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数428
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評価です。所見の評価も高いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    R8102  日本文学概論1  第1設題
    国学と日本文学研究の関係はどのようなものであるか。国学の歴史と日本文学研究の歴史に触れながら述べよ。
    ※A判定です。
    参考文献:『日本文学概論』佛教大学通信教育部
    国学と日本文学研究の関係はどのようなものであるか。国学の歴史と日本文学研究の歴史に触れながら述べよ。
    日本文学研究とは、「主に言語芸術作品の研究を通して、日本の文化・精神の特徴及び、様々な時代の文化・精神の特徴を明らかにする学問」と一応は定義できる。日本文学といった場合、多少の例外はあるが、有名な文学は、中世までは、ほとんどが奈良・京都、近世からは大阪・京都、江戸または東京で書かれたものである。歴代の政治・経済の中心地に生まれた文学が、一般に、「日本文学」と呼ばれている。現在の日本文学における時代区分は、次の通りである。上代:奈良時代。中古:平安時代。中世:鎌倉時代、南北朝時代、室町時代、安土桃山時代。近世:江戸時代。近・現代:明治時代~現在。主として朝廷・幕府・政府などの権力の中心がどこにおかれていたかに拠っている。
     政権の所在は、政権の担い手と結び付き、政権の担い手は、文学の担..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。