S0536 人権(同和)教育科目最終試験7設題セット

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,218
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格済みです。そのまま覚えるだけです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0536 人権(同和)教育
    ①50年に及ぶ戦後の同和教育のあゆみと意義について論じること。
    ②同和(部落)問題の歴史と差別問題やその解決に向けた取組の現況・今日的課題について論ぜよ。
    ③人権教育と同和教育の関連について論じること。
    ④国連人権教育の定義を踏まえた人権(同和)教育のあり方について論ぜよ(国連人権教育の定義に触れること)。
    ⑤部落問題解決に向けた近代以降(戦後を中心に)の部落解放運動について論じること。
    ⑥部落問題解決に向けた近代以降(戦後を中心に)の同和行政の取り組みについて論じること。
    ⑦学校教育における人権(同和)教育のあり方について実践にふれながら論じること。
    参考文献:『同和教育実践:新たな人権教育の創造』 佛教大学通信教育部(テキスト)
    ①50年に及ぶ戦後の同和教育のあゆみと意義について論じること。
     同和教育は1950年代に学校教育の中で、被差別部落の子どもたちの長期欠席・不就学をいかに解消するか、を出発点にして取り組まれ始めた。
     1951年、京都市で起こったオールロマンス事件をきっかけとして、差別糾弾闘争が展開され始めた。
     当時の京都市内の同和地区は貧..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。