S0527 学校教育課程論 科目最終試験6設題セット

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数728
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格済みです。そのまま覚えるだけです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0527 学校教育課程論
    ①学習指導要領の変遷を見るに,1958年の改定によって学習指導要領の性格は大きく変容した。この変容について述べなさい。
    ②学習指導要領の法的拘束力の有無について論じなさい。
    ③学習指導要領を定める理由はどんなところにあるのか。そして今回の改訂された新学習指導要領(2011年施行)の特徴について各々論じなさい。
    ④今回改定された新学習指導要領で定められた「総合的な学習の時間」のねらいはどんなところにあるのか。論述しなさい。
    ⑤新学習指導要領が改訂される背景として「学力の低下」をめぐる論争が考えられる。「学力とは何か」について論じなさい。
    ⑥新学習指導要領で「基礎基本の確実な定着(つまり基礎学力)」をはかる指導方法にはどんな工夫が要るだろうか。具体的に論じなさい。
    参考文献:『学校教育課程論』 学文社(テキスト)
    ①学習指導要領の変遷を見るに,1958年の改定によって学習指導要領の性格は大きく変容した。
    この変容について述べなさい。
    児童生徒の基礎学力の低下,青少年の非行,規律の低下等の問題を受け教育課程において系統主義的要素を取り入れる試みがなされるようになる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。