S0104 教育方法学  科目最終試験6設題セット

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,613
ダウンロード数64
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    合格済みです。そのまま覚えるだけです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0104 教育方法学
    ①学校教育における学力の構造,および,それとOECDが行っている生徒の学習到達度(PISA)で求められている能力との関係を具体的に説明しなさい。
    ②課題習得型学習と課題発見・解決型学習を定義し,それぞれの違いと学校のカリキュラムとの関係を具体的に説明しなさい。
    ③わが国の子どもの学習意欲を高めるために,どのような授業づくりをしたらよいかをテキストの内容をふまえながら述べなさい。
    ④学習環境を構築していく際に,学習者の主体性を活かすためには,施設,設備,情報環境などをどの点に気をつけて設計すべきかを説明しなさい。
    ⑤相対評価と目標準拠評価をそれぞれ定義して,両者の長所と短所(留意点を含む)を表にまとめなさい。
    ⑥ポストモダンの教育理念を実現するために教員に求められる専門性と,教員間で専門知識を共有化していく方法を説明しなさい。
    参考文献:『教育の方法と技術』 佛教大学通信教育部(テキスト)
    ① 学校教育における学力の構造,および,それとOECDが行っている
    生徒の学習到達度(PISA)で求められている能力との関係を具体的に説明しなさい。
    新教育課程では,次の4つの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。