S8105 理科教育法Ⅱ 科目最終試験6設題

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,400
ダウンロード数48
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    合格済みです。そのまま覚えるだけです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S8105 理科教育法Ⅱ
    ①理科教育における「指導と評価の一体化」とはどういうことか。解説せよ。
    ②理科授業における新しいメディアを含めて,視聴覚機器の使用の有効性と問題点を解説せよ。
    ③「確証のための実験」と「検証のための実験」の違いは何か。授業展開を示して解説せよ。
    ④理科教育における事故防止について,次の問いに答えよ。
    (1)万一,事故が起こった場合,どのような「損失」が考えられるか。解説せよ。
    (2)事故を未然に防ぐための対策を解説せよ。
    ⑤次の問いに応えよ。
    (1)科学者が自然を探求する方法を解説せよ。
    (2)その方法を小学校理科授業にとりいれた場合の具体的な指導内容を示した授業展開例を述べよ。
    ⑥子どもに,自然に対する疑問や興味を誘発する方法を具体例をあげて解説せよ。
    参考文献:『新理科教育』 佛教大学通信教育部(テキスト)
    ①理科教育における「指導と評価の一体化」とはどういうことか。解説せよ。
    理科教育における「指導と評価の一体化」とは,形成的評価を重視するということである。形成的評価とは,教育的営みの中間でその成果を把握し,それに基づいて指導の計画を変更したり,必要な補..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。