S0618 算数科教育法 科目最終試験6設題

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,885
ダウンロード数46
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格済みです。そのまま覚えるだけです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0618 算数科教育法
    【共通】算数科の目標(2つの立場)と評価(行為動詞含む)の特徴についてまとめよ。
    ①続いて,「数と計算」領域を取り上げ,児童の誤答傾向を分析するとともに,「数の分解・合成の指導」と「分数の除法の指導」について,テキストの内容をもとに要点を記述せよ。
    ②続いて,「量と測定」領域を取り上げ,児童の誤答傾向を分析するとともに,量の四段階指導の問題点を記述し,併せて「長さの指導」と「速さの指導」について,テキストの内容をもとに要点を記述せよ。
    ③続いて,「図形」領域を取り上げ,図形教育の歴史的な変遷を記述し,併せて「平行六面体の製作」の具体的な教育内容について,テキストの内容をもとに要点を記述せよ。
    ④続いて,「数量関係」領域を取り上げ,児童の誤答傾向を分析するとともに,各学年での数量関係で扱う内容を整理し,併せて「関数の考えの指導」について,テキストの内容をもとに要点を記述せよ。
    ⑤【予想】続いて,「集合・論理」領域を取り上げ,「集合・論理」教育の経緯を記述し,
    1.論理的な考え方の指導とその問題点を列挙し,あなたなりの指導例を提案しなさい。
    2.小学生を対象とした..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。