R8102 日本文学概論1 科目最終試験6設題セット

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,291
ダウンロード数71
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格済みです。そのまま覚えるだけです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    R8102 日本文学概論1
    一・国学の歴史と日本文学研究の関係について説明したうえで、日本文学研究上の問題点について述べなさい。
    二・書誌学とはどのような作業を行なうのか。できるだけ具体的に述べ、文学研究を行なううえでの必要性について、具体的に説明しなさい。
    三・注釈・解釈・鑑賞とは、それぞれどのような作業か。それぞれの有効性と問題点について、具体的に説明しなさい。
    四・出典研究と作品成立論は何を明らかにするのか。その有効性と問題点について、具体的に説明しなさい。
    五・伝記研究とはどのような研究方法か。その有効性と問題点について、具体的に説明しなさい。
    六・テクスト論とはどのような立場の研究方法か。その有効性と問題点について、具体的に説明しなさい。
    参考文献:『日本文学概論』 佛教大学通信教育部(テキスト)
    一・国学の歴史と日本文学研究の関係について説明したうえで、
    日本文学研究上の問題点について述べなさい。
    日本文学研究とは、日本のあらゆる時代の文献を研究することで、それぞれの時代の文化や精神の特質と、外国の文化に対する日本の文化と精神の特質を明らかにしようとするものである。
    様々な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。