661 理科教育 1単位目 合格レポート 2012

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数260
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    661 理科教育 
    1単位目
    1.「児童・生徒が歓迎する理科の授業とはどういうものか」についてテキストから学んだことをまと
    め、それについての私見を述べよ。
    2.理科の授業における「予想」の意義について述べよ。
    1.私がテキストから学んだ、児童生徒が歓迎する理科の授業について述べる。
     まず、子どもたちが「思わず考えてみたくなるような魅力的な内容」(p2)を取り扱うことである。子どもたちが日常生活で目にしたり、容易に場面が想像できたり、今までの経験や知識を総動員して正しい答えを選んだり、予想を立てることが可能な問題を選ぶ事だと考える。
     そして、各々が主体的に一生懸命考えた予想や選択肢を選んだ理由をぶつけ合い、活発な討論を行うことで考えること自体が意味を持ち、相手の意見に惑わされたり、同意見に安心したりと感情に働きかける授業展開をすることで考えてみたいと思わせることである。
    こうすることで、自分の考え抜いた予想の正誤が気になり、答えを知りたくなる。つまり実験することが意味を持ち、その結果がとても楽しみになる。
     主体的に考え、クラス全体で問題を共有し、意見を交わす、この自他への働きかけ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。