583 教師論 2単位分 合格レポート 2012年度

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数295
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    レポート用紙の文字数に合わせています。ご活用ください!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1 単位目
    1.教員養成の歴史について論述せよ。
    2.教職の専門性について論述せよ。
    2 単位目
    1.現代の教員に求められる資質と能力について論述せよ。
    2.教職者に求められる教育愛について論述せよ。
    1.明治政府の教育の近代化政策により、明治5年に頒布された「学制」の中での「師範学校」がわが国最初の教員養成学校であった。政府が国民の教育を国の責任において進める、という従来存在しなかった制度である。しかし財政事情により全国の設置は難しいものであった。
     初期段階では小学校教員としての資質・能力について明記されなかったものの、翌年明治6年制定の「小学校教師心得」には教育することは模範を示すことと同義であると考えるとされ、国家事業として官費を支給し、師範学校の生徒は成業の後、必ず小学校教員として就業することを義務付けた。後に徴兵免除の特典も与えられた。
     明治14年6月に「小学校教員心得」が制定され、その中の「教学聖旨」は、明治天皇が知識才芸を養う教育よりも仁義忠孝に基づく儒教的道徳教育を優先させるという考えから提示され、明治政府の欧化政策を大きく転換させた。これを機に、普通教育が国家隆盛..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。