454 教育課程論 3単位目 合格レポート 2012年度

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数163
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    レポート用紙の文字数に合わせています。ご活用ください!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学習指導要領(2008〔平成20〕年3月告示)』の改訂の経緯やその特徴についてまとめ、さらに「第
    1章 総則」で述べられている「第1 教育課程編成の一般方針」についてもまとめなさい。
    学習指導要領は文部科学省が約10年に1度、わが国の児童生徒の学習状況の課題や変化する社会の中で子どもたちを取り巻く環境の変化の状況を踏まえ改訂に至っている。平成20年度版学習指導要領の改訂においてその経緯や特徴を述べる。
    今回の改訂においても、人格の感性と国家・社会の形成者の育成と言う教育の目的を確認した上で、社会変化や子どもたちの現状を見据え、教育の普遍的な目的の現実を図るかという観点から検討された。
    現行の学習指導要領同様、基礎的・基本的な知識・技能を徹底指定身につけさせること、自ら学び自ら考える力を育成するとねらいは変わらず、その具体的手立てを講じる必要性が求められた。またこれからの「知識基盤社会」において、課題を見出し、解決するための思考力・判断力・表現力等、生涯にわたり学ぶこと、他者や社会、自然や環境と共に生きることが求められている経緯から「生きる力」を育むことの更なる重要性が指摘された。
    子..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。