458 児童心理学テスト対策 2012年度入学

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数259
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    これだけやって優でした。
    問題は大問1つに小問3つでした。
    私は小問2つ間違えましたが、ここに書かれている内容をよく覚えて大問を詳しく書いたら優でした!頑張ってください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    458 児童心理学 テスト対策
    臨床法
    ピアジェが子どもの心理的特質を明らかにするために用いた調査的面接法。
    子どもと1対1で対面し、研究者が子どもの自発的質問の水準で質問し、その応答をさらに綿密に追及して、子どもの心理的特質を明らかにしようとする方法。子どもに自由に答えさせて、心理的特質を明らかにする優れた方法であるが使いこなすまでにはかなりの訓練が必要である。道徳性の発達の形成過程を明らかにする実験でも用いられた。
    例)「月はどんな形?」『時々半分になる』 「なんで?」『時々切られる』 「なんで?」『きれいに見えるように』
     「誰が切る?」『大人の人』 …子どもが自然の過程も人間的秩序によって理解していることを示す例。
    集団的ひとりごと
    ピアジェが、幼児の自由遊びの場面を観察していて気付いた、相手と一緒に遊びながら無関係に勝手にしゃべる行動。要求・命令・批判・威嚇・報告・質問・応答といった伝達を目的とするもの以外に、相手の応対を期待せずに勝手に話をする。4歳頃から多発し、6歳頃には急速に減少する。ピアジェはそれを自己中心性のあらわれであるとした。
    自己中心性
    自分自身の視点を中心に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。