社会科授業で育てる子ども像について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数357
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会科概論のレポートです。参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会科授業で育てる子ども像」
    社会科で育てる子ども像と総合学習で育てる子ども像は、明確に違うべきである。教育課程は、各教科、特設道徳、特別活動、総合学習の四領域から構成される。従って、これら四領域の教育活動を通して育てる「子ども像」が存在する。それぞれの領域で独自の子ども像を持ち、「生きる力」を育てればいい。
    では、社会科ではどんな子どもを育てればよいのか、それは社会科の授業においてどのような子どもを育てたいのかが必要である。それを説明するために、三つの理論について説明したい。
    一つには、「社会認識内容を豊かに育成し、それを判断材料として価値判断をさせれば、市民的素質が育つ。」ということであ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。