病弱虚弱児の指導法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,215
ダウンロード数59
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評価

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「①一般の教育(健常児)と病弱教育(病弱特別支援学校)とを比較し、ア.配慮や支援のあり方、イ.教科等の学習、等の違いを述べよ。また、②個別の指導計画の意義、効果、活用法について述べよ。」
    1、一般の教育(健常児)と病弱教育(病弱特別支援学校)との比較
     特別支援学校における病弱・身体虚弱教育では、一般の教育目標のほかに、病弱や身体虚弱に由来する種々の困難を改善・克服するために必要な知識、技能、態度および習慣を養うことが教育目標とされる。
    教育課程は、通常の小・中学校や高等学校に準じた教育課程に基づいて指導が行われている。また、知的障害を伴うなどの通常の学習が困難な場合は、その発達段階に応じた指導が行われることとなる。
    (1)教科、(2)道徳、(3)総合的な学習の時間、(4)特別活動、(5)病弱・身体虚弱状態の改善・克服などを中心とした自立活動、の5領域によって編成される。病気の種類や性質または健康の程度等によって教育的問題が異なることが多いため、指導にあたっては、ひとりひとりの状態に応じたきめ細かな指導上の配慮を行わなければならない。
    ■指導上の配慮として、以下のことがこころがけられて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。