知的障害教育Ⅰ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,016
ダウンロード数41
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    B評価

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一設題
    「テキストで学習した障害特性をふまえ、知的障害児が被るであろう社会的不利について考察し(その際、WHOの障害の定義やICFのモデルを参照すること)、その解決方法について具体例をあげて説明せよ。」
    「ICF」とは、International Classification of Functioning, Disability and Health(国際生活機能分類)の略で、WHO(世界保健機関)で1980 年に制定された「ICIDH(International Classificationof Impairments, Disabilities and Handicaps・国際障害分類)」の改訂版である。
    「ICF」は2001年に制定され、正式名称は「生活機能・障害・健康の国際分類」という。障害に関することや、健康に関することなどを、約1500の項目(正確には1424 項目)に分類している。また、子ども向けのICF として、ICF version for Children and Youth (ICF-CY,児童青年期版(仮訳))がWHO の関係会議で2006年に承認されている。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。