教育実習研究(小)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数179
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    A評価

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一設題「教育実習をするにあたって留意するべきことを述べよ。」
    教育実習は、学校現場における現状を前提として明確化されたテーマ・目的等に向けて計画され実施されるものであると考える。そこで、短い実習期間をより充実したものにする為に、PDCAサイクルを元に実習を行いたいと考える。
    教育のPDCAサイクルとは、大きく4つの段階の頭文字を合わせたもので、それぞれを繰り返してサイクルを向上させることにより、継続的に教育を改善、向上させようとするものである。
    ①Plan(教育実習の計画):学校における教育課程や,各教科等の学習活動の目標や内容,評価規準や評価方法等,評価の計画も含めた指導計画や指導案の組織..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。