社会科教育法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数125
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境情報社会教師文化学習地域問題児童

    代表キーワード

    社会科教育法

    資料紹介

    B評価

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「平成20年度版学習指導要領における社会科改訂の基本方針とそのポイントを説明しなさい。そして、第3学年~第6学年の単元から任意で1単元を選び、その単元について指導の概要を説明しなさい。その際、児童の学習活動を具体的にイメージして論述すること。」
    (1)社会科改訂の基本方針とそのポイント
     改訂のポイントは大きく下記の3つである。
    ①学習や生活の基盤となる知識の充実と定着をはかる
    47都道府県の名称と位置,世界の主な大陸と海洋,主な国の名称と位置などの学習や生活の基盤となる知識についての学習を充実する。
    このことは,中教審答申で指摘されている知識基盤社会を生き抜く力を養うために必要な学習や、生活の基盤となる知識の学習を従来よりも充実させていこうとするものである。
    ②我が国の伝統や文化に対する理解を深める
    我が国の代表的な文化遺産や,狩猟・採集の時代の生活など,我が国の伝統や文化についての学習を充実する。これは,教育基本法,学校教育法の改正で強調された「伝統と文化の尊重」を具現化しようとするための必要な力を育んでいこうとするものである。
    ③よりよい社会の形成に参画する力を高める
    環境や防災..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。