教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数68
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評価

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一設題「学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。」
    1、学校カウンセリングとは
    学校では多くの教師が、様々な努力にも関わらずこうした問題への決定的な対処方法が見出せないまま日々苦慮している。スクールカウンセラーの配置が進められても、学校において日常的に児童生徒の身近にいるのは教師であり、こうした生徒指導上の問題等に教師が適切に取り組むことができるよう学校における教育相談体制の充実が必要とされている(文部科学省,2007など)。とりわけ、カウンセリングの意義、理論や技法に関する基礎的知識を教師が持つことで、児童生徒をより深く理解し、より適切に接することや、専門機関等と円滑に連携することが可能となり、学習指導・生徒指導等の両面において高い教育効果が期待できるとされ、いわゆる「カウンセリング・マインド」を教師が持つことが必要であるとも言われる(中央教育審議会,1998など)、しかしながら,「教え、導く」学習指導を行う教師役割と「認め、受けとめる」ことを中核とするカウンセラー的役割を同時に果たすことは難しい。
    2、学校カウンセリングの意義とは
    教育相談は、児童生徒等..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。