特別活動研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数64
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    B評価

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「特別活動において学校行事が果たす役割を整理し、その特質をよく表わしていると思われる学校行事の活動例を一つ示しながら指導する際に注意すべき点を具体的に説明して下さい。」
    1、特別活動とは
    特別活動は、①学級活動、②児童会活動、③クラブ活動、④学校行事と大きく4つに分けられており、それぞれに目標や役割等が設けられている。特別活動に求められているものは、「生きる力」という理念を共有しながら、特別活動の「望ましい集団活動を通して」、「なすことによって学ぶ」という二つの指導原理を踏まえて、「自主的、実践的な態度を養う」という中心的な、中核的な目標にどのようにして迫っていけばよいのか、子どもの実態や学年・発達段階をこれまで以上に細かく踏まえながら取り組んでいくことであると考えられる。中心的な目標としての「自主的、実践的な態度を養う」ことは、小学校・中学校・高等学校と一貫した特別活動の中核的、究極的な目標であり、この目標の実現に向けて、発達段階や、学年、子どもの実態を踏まえたきめ細かな指導計画が求められる。中心的な目標に加えて、「自己指導能力の育成」が意図されていると捉えるのは、「個」と「集団」の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。