R0712社会学概論第2設題(A判定レポート)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数377
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                            
    第2設題:多文化共生社会の現状および問題について述べよ。
    「多文化共生社会」とは、自文化とは異なる他者の文化を尊重することによって、複数の民族、複数の文化的背景をもつ人々が互いに共存することが可能になっている社会のことである。それでは以下で、多文化社会の現状と課題を見ていくこととする。
    A.「エスニシティ」とは何か
     「エスニシティ」とは、英語圏で行われてきた研究を中心に使われてきた概念のことであり、文化的・心理的特性にもとづいた、社会集団の社会的・政治的な分類の基準として用いられているが、定義が示されていても、それぞれ多様であるというのが現状である。
     1950年代半ば以降、アメリカ合衆国の各地で黒人による公民権運動が盛り上がりを見せたこと、その後、ヨーロッパでも地域主義運動が活発化したことなどから、こうした社会現象を説明するための概念として用いられるようになった。しかし、エスニシティという言葉が世界中の研究者に受け入れられているわけではなく、フランスなどでは、人種差別につながるような概念であると考えられているために使われることはな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。