【玉川大学】(コア)社会学「ルール(規範)とはなにか」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数391
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ※このレポートは、玉川大学通信教育部・科目名「(コア)社会学」の合格済レポートです。

    教員による評価・批評は以下の通りです。

    <評価>
    C(合格)

    <批評>
    よく書けています。
    今後も頑張って学習を続けてください。
    ____________________________

    「ルール(規範)」とは、人間の「行為」を促す「欲求」や「目的」に制約を与え、行為を制御することによって社会に一定の秩序や安定をもたらすものである。
    このレポートでは、ルール(規範)とはなにかを説明するため、「行為」と関連付け、具体例を挙げながら説明する。まず、「行為」とは何かを説明しルール(規範)の位置づけを明確にする。次に、ルール(規範)の分類とメリットを提示して、ルールの説明とする。

    <ルール(規範)とは>

    まず、「行為」とは何かを説明しルール(規範)の位置づけを明確にする。社会学では人間が何かをすることを「行為」という。行為が成立するために必要な条件は、それが本人にとって意味を持っている事である。したがって、「行為」は行動とは違う意味を持つ。
    たとえば、電車に乗るという行動をした場合でも、人により、通学する、旅行に行く、買い物に行くなど、異なる意味を持っている。また、外見上何もしていなく、行動していないように見える場合にも、考え事をしているなどの行為を行っている場合もある。このように、社会学では人間が何かをすることを行動ではなく、「行為」という。

     人間が行為を実行に移すまでには、一連の過程があると考えることができる。行為はさまざまな「欲求」が出発点となり、その欲求を満たすのにふさわしい「目的」が設定される。ただし、そのためには様々な「資源」が必要となる。さらに、「価値」や「ルール(規範)」に基づく判断が要求される。
     たとえば、お金儲けをしたいという「欲求」を満足させるためには、お金儲けの才覚や人間的魅力といった「資源」が必要となる。さらに、お金を儲けることは決して悪いことではないという「価値」に基づいていて初めて行動することができる。また、人を騙してはならないという社会に共有された「ルール(規範)」を守りながら、会社を設立するという適正な「目的」が設定されるわけである。その目的の実現に向けて、資本や知識、情報などの「資源」が具体的に投入され、ようやく商品を生産し、販売して利潤を求めるという「行為」が成立するのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ルール(規範)」とは、人間の「行為」を促す「欲求」や「目的」に制約を与え、行為を制御することによって社会に一定の秩序や安定をもたらすものである。
    このレポートでは、ルール(規範)とはなにかを説明するため、「行為」と関連付け、具体例を挙げながら説明する。まず、「行為」とは何かを説明しルール(規範)の位置づけを明確にする。次に、ルール(規範)の分類とメリットを提示して、ルールの説明とする。
    <ルール(規範)とは>
    まず、「行為」とは何かを説明しルール(規範)の位置づけを明確にする。社会学では人間が何かをすることを「行為」という。行為が成立するために必要な条件は、それが本人にとって意味を持っている事である。したがって、「行為」は行動とは違う意味を持つ。
    たとえば、電車に乗るという行動をした場合でも、人により、通学する、旅行に行く、買い物に行くなど、異なる意味を持っている。また、外見上何もしていなく、行動していないように見える場合にも、考え事をしているなどの行為を行っている場合もある。このように、社会学では人間が何かをすることを行動ではなく、「行為」という。
     人間が行為を実行に移すまでには..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。