【玉川大学】生命と性の教育「リプロダクティブ・ヘルスの現状と改善」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数381
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ※このレポートは、玉川大学通信教育部・科目名「生命と性の教育」平成23年度課題の合格済レポートです。

    教員による評価・批評は以下の通りです。

    <評価>
    A(合格)

    <批評>
    最新のデータを示して、わかりやすくレポートをまとめ、考察できていると思います。

    【課題の理解】良い
    【主題の設定】良い
    【内容のまとめ方】良い
    【書き方】良い
    【参考文献の明示】適切
    ____________________________

    このレポートでは、日本のリプロダクティブ・ヘルスの現状を示し、その現状を改善するための対策を教育的視点から考察する。

    <日本におけるリプロダクティブ・ヘルスの現状>

     リプロダクティブ・ヘルスとは、性と生殖に関する健康と訳される概念である。これは、性感染症といった単に生殖の過程に異常が存在しないだけでなく、性や生殖に関するあらゆる事柄において、身体的(安全な妊娠や出産)・精神的(性行為を強要されない)・社会的(宗教による避妊の禁止、堕胎罪等の法律)に健康な状態のことを表す。

     この概念は女性の健康運動から生まれた。宗教上や習俗上、また社会的に、避妊をすることができない、生殖を避けることができないというように、生殖に関する権利女性ではなく男性にあった。このような状況を受けて、経済的自立だけでなく、体や性の自立も求め、子どもを産むかどうかの権利は国にはなく、女性にあることを主張したのである。このような背景をもつこの概念は、性と生殖に関する健康、生命の安全を女性のライフサイクルを通して、権利として捉えようという概念である。

     リプロダクティブ・ヘルスは以下の4要素を基本としている。①女性自身が妊娠を調節・抑制することができる。②安全な妊娠と出産ができる。③新生児が健全な小児期を過ごすことができる。④性感染症を恐れることなく性的関係を持つことができる。
     つまり、女性が希望する数の子どもを希望する時にもつことができ、安全な妊娠・出産を経て健全な子どもを産み、さらには性感染症の恐れなしに性的関係を持てるということであり、広い意味での母子保健をあらわす概念である。具体的には、10代の妊娠や性に関する意識の変化、妊娠・出産に関ることでは避妊や人口中絶、HIV、STD(性感染症)が関わってくる。

    生と性に関する日本の現状は、発育加速現象にある。体格の大型化とそれに伴う2次性徴が年々早まってきている状況である。体格の大型化や2次性徴の早期化は、戦後から1970年代にかけて急速に進展、現在は停滞傾向を見せるが身体面の成熟は確実に早期化している。

    性に関する意識および性行為についても早期化や活発化傾向が認められており、特に女子においてこの傾向は顕著である。一方では、男女交際や人間関係の中で意思決定を行う際、その時の雰囲気や一時の感情に流される傾向がみうけられ、自己の性に対する考え方や価値規範が確立されていない傾向がみられる。これらの特性が、10代の望まない妊娠の増加や、成人の性に対するモラルの低下につながっている。

    生殖に関することでは、2009年の合計特殊出生率1.37という、現在の人口を将来維持する…

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    このレポートでは、日本のリプロダクティブ・ヘルスの現状を示し、その現状を改善するための対策を教育的視点から考察する。
    <日本におけるリプロダクティブ・ヘルスの現状>
     リプロダクティブ・ヘルスとは、性と生殖に関する健康と訳される概念である。これは、性感染症といった単に生殖の過程に異常が存在しないだけでなく、性や生殖に関するあらゆる事柄において、身体的(安全な妊娠や出産)・精神的(性行為を強要されない)・社会的(宗教による避妊の禁止、堕胎罪等の法律)に健康な状態のことを表す。
     この概念は女性の健康運動から生まれた。宗教上や習俗上、また社会的に、避妊をすることができない、生殖を避けることができないというように、生殖に関する権利女性ではなく男性にあった。このような状況を受けて、経済的自立だけでなく、体や性の自立も求め、子どもを産むかどうかの権利は国にはなく、女性にあることを主張したのである。このような背景をもつこの概念は、性と生殖に関する健康、生命の安全を女性のライフサイクルを通して、権利として捉えようという概念である。
     リプロダクティブ・ヘルスは以下の4要素を基本としている。①女性自身..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。