【玉川大学】(コア)社会学「社会学とはなにか」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数409
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    ※このレポートは、玉川大学通信教育部・科目名「(コア)社会学」平成22年度課題の「合格」レポートです。

    教員による評価・批評は以下の通りです。

    <課題>
    社会学とはどのような学問なのか、「関係」というキーワードを用いて、(テキスト以外の)具体的な事例を挙げながら説明しなさい。

    <評価>
    C(合格)

    <批評>
    よく書けています。今後も頑張って学習を続けてください。
    ____________________________

     社会学は、社会を学ぶ学問である。社会とは、人間と人間の関わり(関係)である。つまり、社会学は人間に関するものすべてを観察し分析することで、現代がどういう社会なのかを明らかにしようとする学問である。このレポートでは、社会学とはどのような学問なのかを説明する。

    <社会学とは>

    私たち人間は政治制度のもとで労働に従事し、経済行為を行い、教育を受けている。したがってそこでは、ルールを決める⇔ルールに従う、賃金を払う⇔賃金にみあう労働を提供する、商品を売る⇔商品を買う、知識や技術を教え伝える⇔知識や技術を習い身に付ける、という人間と人間の関わり(関係)が成立している。また宗教を信仰したり、家庭生活を営んだり、罪を犯したりする場合もある。ここでも、布教する⇔信仰する、愛する⇔愛される、盗む⇔盗まれる、など、やはり人間と人間の関わりがある。

    社会学はこうした人間と人間の関わり、すなわち政治、労働、経済、教育、宗教、家族、犯罪など、私たちの身近にあるすべてのものが対象となりうるのである。要するに、人間に関するすべてを観察し、分析することで、現代がどういう社会なのかを明らかにしようとする学問が社会学である。
    ただし、ここで注意すべきことは、人間と人間の関わりというと無意識のうちに複数の人間を思い浮かべがちだが、社会学ではたとえ一人であっても社会は成立すると考える。たとえば部屋の中にいて一人でCDを聞いたり、DVDを観たりしている状態。こうした場合、彼(彼女)はその音楽や映像を制作した人間(あるいは人間たち)との関わりを持っていると考えるからである。

    社会学は人間と人間の関わりを研究し、現代がどういう社会なのかを明らかにするものであるが、社会学における現代とは何かを説明する。社会学では人類の過去は前近代(プレモダン)といい、今現在を近代(モダン)という。民主主義、資本主義、アーバニズム、…

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会学は、社会を学ぶ学問である。社会とは、人間と人間の関わり(関係)である。つまり、社会学は人間に関するものすべてを観察し分析することで、現代がどういう社会なのかを明らかにしようとする学問である。このレポートでは、社会学とはどのような学問なのかを説明する。
    <社会学とは>
    私たち人間は政治制度のもとで労働に従事し、経済行為を行い、教育を受けている。したがってそこでは、ルールを決める⇔ルールに従う、賃金を払う⇔賃金にみあう労働を提供する、商品を売る⇔商品を買う、知識や技術を教え伝える⇔知識や技術を習い身に付ける、という人間と人間の関わり(関係)が成立している。また宗教を信仰したり、家庭生活を営んだり、罪を犯したりする場合もある。ここでも、布教する⇔信仰する、愛する⇔愛される、盗む⇔盗まれる、など、やはり人間と人間の関わりがある。
    社会学はこうした人間と人間の関わり、すなわち政治、労働、経済、教育、宗教、家族、犯罪など、私たちの身近にあるすべてのものが対象となりうるのである。要するに、人間に関するすべてを観察し、分析することで、現代がどういう社会なのかを明らかにしようとする学問が社会学で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。