【玉川大学】社会教育「キャリア開発教育について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数206
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ※このレポートは、玉川大学通信教育部・科目名「社会教育」平成23年度課題の合格済レポートです。

    教員による評価・批評は以下の通りです。

    <評価>
    B(合格)

    <批評>
    ・キャリア開発教育については、とてもよく論述されている。
    また、課題についてもとり挙げられている。

    ・なぜ、この教育があまり発展していかないのか。なぜ、どのような壁があるのか考察してみよう。
    ____________________________

    このレポートでは、わが国のキャリア開発教育の種類とそれらの特徴および課題について述べる。概観すると、わが国のキャリア開発教育は、企業における教育が中心である。そのために、企業に従属していない者へのキャリア開発教育が見落とされている問題がある。

    <日本のキャリア開発教育の特徴>

    まず、わが国のキャリア開発教育の種類とそれらの特徴を述べる。キャリア開発教育は働くことに関する教育である。生涯を通しての職業能力または職業的技能の開発をテーマとした教育である。たとえば、若者の将来の職業への準備教育。女性のための再就職教育。企業内における職能教育や階層別教育、退職準備教育。リカレント教育などがある。
    とりわけ、リカレント教育について説明を加えると、リカレント教育とは、いったん社会に出たすべての人々がいつでも必要に応じてフォーマルな教育機関に立ち戻ることを可能にし、保障しようとする教育である。

    わが国のキャリア開発教育は、企業における教育が中心である。というのも、日本社会は就業以前に大半の技術を身につけさせるのではなく、就業しながら技能を修得していくことが伝統的に続いてきたからである。
    企業内教育の内容は、職能教育と階層別教育の2つに大別することができる。職能教育は、業務技術の向上のために行う教育的訓練であり、資格の取得や専門性の向上を目的としている。階層別教育は、一般職、監督者、係長など管理者階級の各段階ごとに行う教育であり、組織内における役割遂行の向上を目的としている。
    企業内教育の方法は、企業内・外において行う2つの方法に大別することができる。企業内では、OJTやOff・JT、配置転換が一般的に行われ、主に職能教育に用いられる。企業外では、各種団体主催のセミナーに参加させるのが一般的であるが、その形態は多様である。主に階層別教育に用いられる。
    企業内において業務中に行われるOJT(On the Job Training)は、社会人としての一般知識だけでなく、特にその企業独自の仕事に必要な知識や技術を身につけることを目的とする。日常の仕事を遂行する中で、上司が…

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    このレポートでは、わが国のキャリア開発教育の種類とそれらの特徴および課題について述べる。概観すると、わが国のキャリア開発教育は、企業における教育が中心である。そのために、企業に従属していない者へのキャリア開発教育が見落とされている問題がある。
    <日本のキャリア開発教育の特徴>
    まず、わが国のキャリア開発教育の種類とそれらの特徴を述べる。キャリア開発教育は働くことに関する教育である。生涯を通しての職業能力または職業的技能の開発をテーマとした教育である。たとえば、若者の将来の職業への準備教育。女性のための再就職教育。企業内における職能教育や階層別教育、退職準備教育。リカレント教育などがある。
    とりわけ、リカレント教育について説明を加えると、リカレント教育とは、いったん社会に出たすべての人々がいつでも必要に応じてフォーマルな教育機関に立ち戻ることを可能にし、保障しようとする教育である。
    わが国のキャリア開発教育は、企業における教育が中心である。というのも、日本社会は就業以前に大半の技術を身につけさせるのではなく、就業しながら技能を修得していくことが伝統的に続いてきたからである。
    企業内教育の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。