学校教育課程論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数304
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評価のリポート課題です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育課程とは何かについて、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめてください。
    教育課程とは、学校教育の目的・目標を達成するために、子どもの心身の発達に即して選択された教育内容を、授業時数等との関連において総合的に組織した学校の教育課程のことを指す。
    学校が教育課程を編成する際、法令や学習指導要領に必ず従わなければならない。具体的には、学校教育の目的・目標は「教育基本法」及び「学校教育法」で定められており、教育課程の標準は「学校教育法施行規則」に、教育課程の基準は「学習指導要領」、その他教育委員会における規則などで定められている。各学校はこれらの基準に従い、児童・生徒の人間として調和のとれた育成を目標とし、地域や学校の実態及び児童生徒の発達段階や特性を考慮して、その編成を行う必要がある。編成の手順としては、学校の教育目標をもとに、当面する学校の課題や重要事項を明確にして、年間授業時数や週当たりの授業時数の配当、日課表の作成、各教科・領域等の教育課程編成、校長による最終的な判断と決定などを行うのが一般的である。
    昭和22年3月に、教育基本法及び学校教育法の公布と並行して、最初の学習指..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。