成人看護学 ~周手術期・急性期 麻酔、手術による身体反応、合併症など含めた関連図(評価A)付き~ 実習前学習レポート

会員1,944円 | 非会員2,332円
ダウンロード カートに入れる
ページ数20
閲覧数7,123
ダウンロード数182
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    急性期、周手術期について、合併症などを主にまとめた実習前学習レポートです。
    周手術期によくおこる合併症、その好発時期や観察項目、原因、看護などを表にわかりやすくまとめています。

    周手術期の身体反応、リスク、ケア、麻酔による合併症など
    関連図にして、
    レポート内のエクセルに添付しています。
    ワードでダウンロードし、レポート内のエクセルアイコンをクリックしてもらうと閲覧することができます。
    かなり大きな関連図ですので、実習先等で周手術期の関連図を求められた際、ベースにすることができると思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    成人看護学
    ~周手術期~
    目次
    目次 2
    Ⅰ.【クリティカルケア】実習にむけての事前学習 3
    1.術前検査(項目、目的、検査の見方) 3
    ①目的 3
    ②項目 3
    2.術前オリエンテーションの内容 6
    3.全身麻酔下の術後合併症について 7
    おこりうる合併症と好発時期、その原因、予防ケア 7
    その合併症がもう起きないだろうと判断する基準 11
    4.腰椎麻酔下での術後合併症について 13
    5.手術看護師の役割(直接介助と間接介助の違い) 14
    6.ドレーン管理 15
    ドレナージの目的 15
    ドレーン挿入部位 15
    胸腔ドレーンの管理と観察ポイント 17
    腹腔ドレーンの管理と観察ポイント 18
    7.周手術期における生体反応及び麻酔と手術侵襲による問題と援助の関連図 19
    参考文献 20
    引用文献 20
    Ⅰ.【クリティカルケア】実習にむけての事前学習
    クリティカル(critical)の意味は重大な様、危機的な状態である。クリティカルケアとは、危急で危篤な状態であり、放置すれば死に至りかねない患者へのケアのことである。クリティカルケアを受ける患者の具体的特徴は以下の通りである。
      ・状態の変化..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。