児童・進路指導論2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数276
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポートです。よけいな字句は省き、要点をまとめて読みやすく工夫しました。
    学習のお役に立てれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     次の項目のうちから一つを選択し、児童に対する指導について述べなさい。①非社会行動②反社会的行動③基本的生活習慣の育成②を選択
    昨今、子どもたちの問題行動が、ニュース等でも大きく取りざたされている。問題行動は非社会的なものと反社会的なものに類推されるが、根は同じである。非社会的行動とは、社会(児童にとっての学校)に適応できずに、不登校、緘黙、暴力行為、自虐行動に出たりする、主に内側に向けて逃避する形をとる問題行動を指す。一方、反社会的行動とは、不適切な行動が外側へ暴露する、いじめ、非行問題行動である(暴力行為、いじめ、非行等)を指す。本レポートでは、児童の非・反社会的行動のなかでも、教室内で起こる確率が高く、深刻かつ解決の難しい「いじめ」に対する指導法について述べる。「当該児童生徒が、一定の人間関係のある者から、心理的、物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの。」と文科省が定義するように、「いじめ」は単純な暴力行為のみでなく、心理的なものも含まれている。むしろ心理的な「いじめ」の方が深刻である。内容の例をあげると、物を隠したり、汚したりする、仲間外れにする、無視をす..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。