児童・進路指導論1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数247
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポートです。よけいな字句は省き、要点をまとめて読みやすく工夫しました。
    学習のお役に立てれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題:学級における児童同士、児童と教師の人間関係づくりと「自己指導能力」の関係について述べなさい。それを踏まえて、担任としてどのような点に気をつけ、学級経営を行えばよいか考えをまとめなさい
    自己指導能力は、子ども自らが自らの判断や行動を律し、責任が取れる能力である。そのための判断や行動基準を身につけていく場が学校であり、学級である。学級は一つの集団であり、児童はその中で成長していく。教育の目的は<人格の完成>と<社会の形成者>であり個人・社会人としての成長である。かつ児童の人間関係の確立は、児童の健全な成長と深く関わりがあり、学校において一人一人の児童が自己実現を図るには望ましい人間関係づくりが極めて重要である。児童同士や教師との関係によって、その児童の道徳的価値基準が大きく変わることもある。
    学級における児童同士の人間関係は、児童の自己指導能力の育成に大きく影響する。この、「仲間との人間関係のあり方」が子どもたちの成長に与える影響は、ある意味教師や親よりも大きい。未成熟な子どもは、仲間からの刺激を受けやすく、そして、その刺激によって成長していく。仲間との人間関係において、刺激に対して..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。