児童心理学 3単位め

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数393
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学2011年度児童心理学の合格レポートです。レポート作成の参考にお役立てください。
    3単位め
    1.知能の発達に影響する環境的要因および心理的要因について述べなさい。
    2.フラストレーション耐性について説明し、その育成の要因について述べなさい。
    ※講評※
    1.的確に要点がうまくまとめられています。
    2.丁寧に分かりやすく良く書けています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 2011年度 合格レポート
    児童心理学 3単位め
    1.知能の発達に影響する環境的要因および心理的要因について述べなさい。2.フラストレーション耐性について説明し、その育成の要因について述べなさい。
    ※講評※
    1.的確に要点がうまくまとめられています。
    2.丁寧に分かりやすく良く書けています。
    1知能がどのような心理的機能によって成り立っているのか、あるいはどんな事実によって明らかにされるのかという点で、今日でも様々な見解がある。何を知能の中核とするか考える上で、「学習能力」「抽象的思考能力」「環境への適応能力」の3つの考え方がある。その中でも最近の児童心理学における動向としては、知能を環境への適応能力とする考え方がほぼ受け入れられている。ウェクスラーは、「知能とは、各個人が目的的に行動し、合理的に思考し、環境を効果的に処理する総合的または全体的能力である」と定義している。
     知能に関する伝統的な研究法に家系調査法がある。これは、遺伝的規定の強さを示すものと考えられていたが、最近では、同一の家族や血縁者の環境条件の類似性によるところが大きいと考えられている。ビングは、言語性..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。