図画工作科教育Ⅰ 1単位め

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数426
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学2011年度図画工作科教育Ⅰの合格レポートです。レポート作成の参考にお役立てください。
    図画工作科教育Ⅰ 1単位め
    1.テキストの「図画工作(美術/造形表現)教育の意義・目的」(第1章)を読み、1000字程度に大意要約せよ。
    2.テキストの「美術科教育の歴史」(第3章)を読み、「山本鼎の自由画教育」と「久保貞次郎の創造主義美術教育」とを、明治初期からのわが国の美術教育史の概略に位置づけ、1000字程度で説明せよ。
    ※講評※
    図画工作科の意義と自由画や創美教育の主張の関わり方についても考えてみましょう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 2011年度 合格レポート
    図画工作科教育Ⅰ 1単位め
    1.テキストの「図画工作(美術/造形表現)教育の意義・目的」(第1章)を読み、1000字程度に大意要約せよ。
    2.テキストの「美術科教育の歴史」(第3章)を読み、「山本鼎の自由画教育」と「久保貞次郎の創造主義美術教育」とを、明治初期からのわが国の美術教育史の概略に位置づけ、1000字程度で説明せよ。
    ※講評※
    図画工作科の意義と自由画や創美教育の主張の関わり方についても考えてみましょう。
    1.1943年「芸術は、笞を用いないで人間を教育する唯一の手段である」と、はじまるハーバート・リードの本書は、新しい教育思想を展開する歴史的な業績と評価された。
     当教科の意義や目的の把握に課せられる基本的命題は、(1)造形的表現活動はいかなるものか、(2)指導可能なこととは何かであろう。つまり、教科としての基本的命題はリードが掲げる「教授学的な課題」であり、かつ我々指導者が解を模索しつつ常に心がけながら接しなければならない課題だということである。
     当初の設定にたちかえるならば、「造形的表現活動とはいかなるものなのか」、我々人間の生活..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。