教師論 お買い得1単位め&2単位め

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数930
ダウンロード数40
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学2011年度教師論の合格レポートです。1単位めと2単位めをセットにして、お買い得価格でご提供します。レポート作成の参考にお役立てください。
    1単位め
    1.教員養成の歴史について論述せよ。
    2.教職の専門性について論述せよ。
    ※講評※
    1.教員養成の歴史が的確にまとめられています。
    2.教職の専門性に関する見識を深め、その職責についても論述されています。
    2単位め
    1.現代の教員に求められる資質と能力について論述せよ。
    2.教職者に求められる教育愛について論述せよ。
    ※講評※
    1.現代の教員に求められる資質能力について検証されています。
    2.教育愛の特質について、要点をおさえて述べられています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 2011年 合格レポート
    教師論 1単位め
    1.教員養成の歴史について論述せよ
    2.教職の専門性について論述せよ。
    ※講評※
    1.教員養成の歴史が的確にまとめられています。
    2.教職の専門性に関する見識を深め、その職責についても論及されています。
    1明治政府がとった近代化政策の一つに教育の近代化政策があった。明治政府は、日本の近代化を進めるためには、教育の近代化が必要であり、それは学校教育を近代化することによって推進されると考え、近代学校の創設による国民の教育を企図し、明治5年8月の「学制」制定により、日本の近代学校制度を創設した。 学校が創設されるためには、そこで職業としての教職に従事する教員が必要になり、教員養成を行う学校を「師範学校」と名づけた。師範学校という教員養成機関を「学制」という国の制度によって設置するという考え方は従来の日本には存在しなかったものであるだけに、いかに明治政府が国民の教育を国の責任において進めるという意志を強く持っていたかをうかがわせるものである。しかし、師範ということば、「師として模範を示す」者と養成する学校が師範学校であるという理解が先に立ち..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。