道徳教育の研究 1単位め

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数275
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学2011年度道徳教育の研究の合格レポートです。レポート作成にお役立てください。
    1.道徳の意義とその教育の必要性について論述せよ
    2.明治以降のわが国の道徳教育の変遷について述べよ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 2011年 合格レポート
    道徳教育の研究 1単位め
    1.道徳の意義とその教育の必要性について論述せよ。
    2.明治以降のわが国の道徳教育の変遷について述べよ。
    1道徳とは、社会でよりよく生きるため、人間個人に対して、もしくは人間相互間において行為を規制するものとして存在する社会規範のことである。道徳には3つの特色がある。1つ目は、人間の生活や行動の内面、精神面にまで規制力を及ぼし、とくに行為の動機が重要視されること。2つ目は、場所や時代が変わっても原則として変化しないこと。3つ目は、自覚的、主体的、自発的に従われるものでなければならないことである。これら3つの特色が道徳の意義を形成し、道徳的人間の完成を目指している。
     人間が真に人間らしい人間に、人の間に生きていく存在として最も好ましい生き方を身につけていくには、教育が必要である。この必要性を考える場合、道徳教育の本来的必要性と現実的必要性の2つの視点に立って考えることが重要となってくる。まず1つ目の本来的必要性とは、人として生まれ成長していく過程において、真の意味で他者の存在を認識し、長期間に及ぶ間断なく行われる教育的営為に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。