精神障がい者の就労支援における現状と課題について、近年の職業リハビリテーションの動向を踏まえて論じなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数896
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題に対して、適切に分かりやすく記述されていると思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     精神障がい者の就労支援における現状と課題について、近年の職業リハビリテーションの動向を踏まえて論じなさい。
     ノーマライゼーションの理念に沿って、障害者の勤労意欲は高まってきており、かつ、企業のコンプライアンス意識も高まり、障害者の勤労支援は大きな課題として浮かび上がっている。     
    それを受け、近年の精神障害者を含む、障害者の就労支援における制度は大きな変革が遂げられた。その制度変革として、障害者雇用促進法の近年の改正、障害者自立支援法の成立等について説明し、精神障害者の就労支援における現状と課題について論じたい。
     まず、障害者雇用促進法の改正(平成18年4月に改正されている)について説明する。その内容を列挙すると、①精神障害者(精神障害者保健福祉手帳所持者)を雇用率の算定対象にする。②在宅就業障害者に仕事を発注する企業へ特例調整金を支給。③障害者福祉施設との有機的な連携(地域障害者就労支援事業の創設、ジョブコーチ助成金制度の創設、障害者就業・生活支援センター事業の拡充、社会福祉法人等を活用した多様な委託訓練の実施等)がある。
     この様に、障害者の就労を強化するため、様々な手..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。