ピア・カウンセリング、エンパワメント、自己決定の原則、インフォームド・コンセント、精神医療審査会について300字以内で説明

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数837
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定、22/25点いただきました。

    5つのキーワードについて、簡潔にまとめています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     以下のキーワードの中から5題を選び、そのキーワードを1題30 0字以内で説明せよ
    課題中、2.ピア・カウンセリング、4.エンパワメント、5.自己決定の原則、6.インフォームド・コンセント、13.精神医療審査会について述べたい。
    2.ピア・カウンセリング
     ピア・カウンセリングのピア(PEER)は英語で「仲間」「同等」との意味であり、ピア・カウンセリングとは、ある特定の困難・課題・障害・心の傷を抱えた者同士による相互カウンセリングである。
     同等の立場で、同じ悩みを抱えた者同士のカウンセリングであるから、通常、人に話したくない様な内容の事でも、自己開示して話し易い。また、仲間と悩みを共有する事で、精神的な安定が得られる。自分自身の気付きが促進されると言う利点がある。
     アルコール依存症や薬物依存症、ギャンブル依存症者によるピア・カウンセリングが有名であるが、様々な分野に応用されている。
    4.エンパワメント
     エンパワメントとは、疾病や貧困、障害等により抑圧されて、ディスエンパワメントされている人々が、自らその課題や問題を自覚し、問題解決能力を高めて、力を取り戻してゆく過程を指す。ソーシ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。