ソーシャルワークにおける「自己覚知」とは何か、また「なぜ自己覚知は必要なのか」考察しなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数4,611
ダウンロード数122
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定、40/50点もらいました。

    課題を正しく理解して、考察していると思います。
    また文章構成についても工夫してますから、分かりやすい内容となっていると思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ソーシャルワークにおける「自己覚知」とは何か、また「なぜ自己覚知は必要なのか」考察しなさい
     ソーシャルワークにおける自己覚知とは、
    援助者が自らの考え方を認識することである。なぜ、この自己覚知が必要かというと、自己覚知により、個人的な考え方に捕われて援助を押しつけていないか見つめ、援助における押し付けを防止するためである。これら、「自己覚知」とはなにか、「なぜ自己覚知は必要なのか」について詳しく考察していきたい。
     まず自己覚知から述べる。人間には個別性というものがある。性格、思想、信条、宗教観、好み、価値観等、これらをまとめて『考え方』とすると、考え方は人それぞれ違い千差万別である。例をあげると、自分の信じる宗教と対立する宗教を信じる人は嫌う。ある国籍の人は好きだが、ある国籍の人は嫌い。障害者に対する偏見の強い人もいれば、弱い人もいる。喫煙者を嫌う人もいれば、嫌わない人もいるだろう。また、援助者も組織に所属するわけであるから、その所属する組織の思想や利益を誘導する方向に考え方の影響を受けやすい。そのため、援助者は個人的な考え方の影響を受けて、ソーシャルワークにおいても、その個人的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。