「社会福祉士の役割」とは何か? 自身の実践を踏まえて私見をまとめなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,440
ダウンロード数75
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士の役割について述べています。
    社会福祉士の役割には12の機能があると言われていますが、それを全て述べるとまとまりきらないので、ケースワークに絞っています。
    また、高齢者施設における生活相談員を例に挙げ、具体的な事例を踏まえて、役割について言及しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「社会福祉士の役割」とは何か?自身の実践を踏まえて私見をまとめなさい。
     社会福祉士の役割とは何かについて、自身の実践を踏まえて私見をまとめたい。社会福祉士はソーシャルワークの専門職であるが、ソーシャルワークの機能は多彩である。その機能としては、説により若干異なるが、ケースワーク、グループワーク、コミュニティワーク、ソーシャルワークリサーチ、ソーシャルアドミニストレーション他、12の機能が存在すると言われる。よって、社会福祉士と一概に言っても、様々な分野にて、様々な役割を果たしていると思われる。
     しかし今回、私は、高齢者介護の分野にて仕事をしている経験より、デイサービスや特別養護老人ホーム等における、生活相談員としての社会福祉士について私見を述べたい。主に、生活相談員はケースワークの機能をメインとしていると言えるだろう。
     ここで、注意すべきは、社会福祉士の資格は、名称独占であり、業務独占資格ではないという点である。唯一の業務独占は、地域包括支援センターにおける社会福祉士のみである。生活相談員はデイサービスにおいては、社会福祉主事任用資格、介護支援専門員、介護福祉士のいずれかの資格..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。