保険医療サービスにおける社会福祉士(医療ソーシャルワーカー)の枠割、必要性について、地域医療連携という視点から述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,258
ダウンロード数61
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    MSW(医療ソーシャルワーカー)の役割、必要性について、地域医療連携の視点から述べています。
    おもに、社会資源の活用、生活モデル的視点による援助を切り口としています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     保健医療サービスにおける社会福祉士(医療ソーシャルワーカー)の役割、必要性について、地域医療連携という視点から述べよ。
     保健医療サービスにおける社会福祉士(医療ソーシャルワーカー)の役割、必要性について、地域医療連携という視点から述べたい。
     近年、地域医療の必要性と言う事が、多々言われる様になった。これは、ノーマライゼーションの考え方が基盤となっている。ノーマライゼーションにおいては、医療を必要とされる人であっても、長期入院等により、社会と隔絶された状態にならず、地域で普通に生活する事を、良しとしている。特に、精神障害においては、社会的入院により、患者の利益が損なわれる事が多く、地域で生活できる事が大切である。
    また、制度面においても、近年の医療では、平均在院期間の短縮が求められている。これは、ノーマライゼーション原理に即した考え方でもあるが、実は、入院期間を短縮して、医療費を圧縮しようと言う、社会政策的な意味合いもあると言われている。
    この様に、病院から退院して、地域で患者が安心して生活するためには、当然のことながら、地域医療連携は必要不可欠なのである。そして、その担い手の一人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。