心理療法とは何かを定義し、代表的な療法を方法、特徴などの点からグループ分けするなどして整理しなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,249
ダウンロード数40
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    心理療法について定義して、代表的な療法についてグループわけしています。
    具体的には、精神力動的心理療法、行動論的心理療法、人間的心理療法に大きく3分類して、それぞれのグループにどのような心理療法があるか述べています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     心理療法とは何かを定義し、代表的な療法を方法特徴などの点からグループ分けするなどして整理しなさい。
     心理療法とは、「精神医学的治療の一つで、言語的、非言語的な対人交流を通して精神的な問題を解決し悩みを軽減する事を目的とした精神医学的および心理学的治療法」*(1)と定義される。その種類には、大きく分けると、精神力動的心理療法、行動論的心理療法、人間学的心理療法の三種類に分類できる。ただし、これ以外にルーツを持つ心理療法も多くあり、二百を超える心理療法が存在すると言われている。
     まずは、中心的な三種類の心理療法について説明し、それぞれに属する心理療法、続いてその他心理療法について説明してゆきたい。
     精神力動的心理療法は、フロイトの無意識の発見に連なる心理療法で、クライエントの抱える苦しみについて、その原因を無意識より探り出し、その解釈や助言によりクライエントに気付きをもたらす方法である。
     行動論的心理療法は、人の問題行動は誤った学習により形成された反応であるとして、適切な再学習により問題行動を修正する方法である。
     人間学的心理療法では、クライエントに、こうあるべきと言う人間像を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。