福祉計画における評価技法と課題について述べなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,932
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定、90/100点いただきました。

    福祉計画の評価技法について論じいます、
    評価のプロセスについての説明、及び、測定手法として、プログラム評価について具体的に説明しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     福祉計画における評価技法と課題について述べなさい。
     現在、地域福祉計画、老人福祉計画、介護保険事業計画、行動計画、障害者計画等、様々な福祉計画が立案、実施されている。この様な、福祉計画における、評価技法と課題について述べたい。
     そもそも福祉計画の過程は策定→実施→評価→再策定という循環過程で成り立っている。その過程の中でも、以前は軽視されていた評価の領域が、近年、重要視され始めている。その理由としては、我が国における財政状況の悪化等に伴い、福祉計画においても、より効率が求められる様になったという事。また、市民の権利意識の高まりにより、福祉計画のアカウンタビリティが求められる様になった、という点などが挙げられるだろう。
    この福祉計画の評価において、科学的な手法として用いられる評価が、プログラム評価である。プログラム評価とは、福祉計画の各プログラム(施策や事業)について、指標と目標値を作り、その達成度を中心にして総合的評価を実施する方法である。プログラム評価の過程には、計画→実施→評価→見直し、のいわゆるPDCAサイクルから構成される。
     評価の視点としては、「過程評価」と「効果・効..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。