地域福祉における主要な人物と業績等を織り交ぜながら、地域福祉の変遷について考察しなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,386
ダウンロード数61
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定、45/50点いただきました。
    アメリカの地域福祉の変遷について書いてますが、その源流
    となるイギリスの歴史についても触れています。

    人物・業績などについて、よく考察されていると思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     地域福祉における主要な人物と業績等を織り交ぜながら「地域福祉の変遷」について考察しなさい。
     地域福祉における主要な人物と業績等を織り交ぜつつ、アメリカにおける「地域福祉の変遷」について考察したい。
     アメリカの地域福祉を述べるには、まず、19世紀にイギリスで始まったセツルメント運動について説明しなければならない。セツルメント運動は、貧民街に居住する等、地域住民と接触しながら、その生活を援助していく運動で、地域福祉の源流と言えるだろう。この起源となったのが、18 84年、バーネット夫妻により設立されたイギリスのトインビーホールである。このトインビーホールに3ヵ月間住み込み、セツルメント活動に関わったコイトによって、18 86年、アメリカ最初のセツルメント、ネイバーフットギルドが設立される。後に(18 89年)、アダムスにより、アメリカを代表するセツルメントであるハルハウスが設立される。
     これらセツルメントや慈善組織化運動(COS)による実践から、19 10年代、リッチモンドらによりケースワークの援助技術の体系化が行われた。この援助技術の体系化は、グループワーク、コミュニティ・オーガ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。