社会保障の費用と負担の動向について指摘しなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数602
ダウンロード数30
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定、40/50点いただきました。
    社会保障給付費の費用と負担の動向について、論じてます。
    他国との比較、高齢化社会が社会保障に与える影響等も言及
    しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会保障の費用と負担の動向について指摘しなさい。
     我が国の社会保障の、費用と負担の動向について論じたい。概要を述べると、高齢化により、高齢者を支えるため、費用と負担は右肩上がりに増加している事が解る。
     まずは、急速に進む、高齢化の推移について述べたい。総人口における高齢者人口(65歳以上人口)は19 75年に7. 9%、19 85年に10 .9%、19 95年に14 .5%、20 05年に20 .1%、20 10年に23 .1%と急増している。20 15年は26 .9%、20 25年は30 .5%になると推測される。この高齢化は、社会保障の費用と負担に対して、決定的とも言える影響を与えているのである。
     我が国の社会保障給付費は、20 07年で91 .4兆円であり、同年の国の一般会計予算82 .9兆円を上回っている。また、同年の国民所得に対する割合は24 .4%である。その内訳は年金48 .3兆円(52 .8%)、医療28 .9兆円(31 .7%)、福祉その他14 .2兆円(15 .5%)である。財源構成について述べると、社会保険料が56 .6%、公費負担が30 .9%、資産収入..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。