「子供の権利」について、「児童の権利に関する条約(子どもの権利条約)」について概観し、子供権利を守るための取り組みについてまとめなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,001
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定、85/100点いただきました。

    子供の権利条約の外観および、権利条約を守る取り組みとして
    法制度の面から、きっちりまとめたつもりです。

    特にウェルビーイングがキーワードですね。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「子どもの権利」について「児童の権利に関する条約(子どもの権利条約)」について概観し、子どもの権利を守るための取組についてまとめなさい
     「児童の権利に関する条約」は児童の人権を擁護するための国際条約であるが、最大の特徴は、児童を大人と対等な近代的個人として捉えるウェルビーイングを取り込んだ点であり、この条約により、我が国では児童の権利を守るための取組が飛躍的に向上した。今回、この条約について概観し、子どもの権利を守るための取組について述べたい。
     まず、児童の権利に関する条約について述べる。条約の正式和約名称は児童の権利に関する条約であるが、こどもの権利条約とも呼ばれ、むしろこちらの方が馴染み深く知られているかもしれない。この条約は19 89年11月第44回総会で満場一致で可決され、19 90年9月に発行された。我が国は19 94年5月に批准している。条約の構成は1~41条が締約国の義務、42条~54条が条約の遵守や条約の発行についてである。条約国が批准に対して、適切な立法措置や行政措置を取るという、遂行責任を負う点が特徴的である。
     条約では、児童の人権を守る配慮が多くなされてい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。