社会調査の一連の過程(プロセス)について説明した上で、そこで用いられる質的方法について具体的に述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,243
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定、90/100点いただきました。
    レポートの内容としてはほぼ完璧に近いでしょう。
    最後に「質的調査の限界」について記述している点は評価され
    ました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会調査の一連の過程(プロセス)について説明したうえで、そこで用いられる質的方法について具体的に述べなさい。
     社会調査の一連の過程(プロセス)について説明後、そこで用いられる質的研究について、調査方法、データの整理や分析、質的方法の一定の限界などについて述べたい。
     まず社会調査の一連のプロセスについて説明したい。プロセスとは、社会調査を行う上で存在する、一連の流れにおける各段階の事である。大まかにそのプロセスを示すと、①企画・準備段階、②実施段階、③集計・分析段階、④報告段階となる。①では基本設計(テーマ・方法)、仮説の構成・対象者選択、調査票作成等が行われる。②は現地調査の実施である。③はデータの入力・集計・分析が行われ、④では報告者作成、報告書配布が行われる。近年、報告者配布の新しい方法としてインターネットの使用などもある。
     この一連のプロセスには、用いられる手法として量的方法と質的方法の2種類がある。
    量的方法とは数値で捉えられる物を調査する方法である。逆に質的方法とは数値で捉えられない物を調査する方法である。例えば、ある介護老人福祉施設において、高齢者の要介護度、長谷川..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。