包括的・総合的な援助と多種職連携について、ソーシャルワークの専門性に留意し、チームアプローチにおけるソーシャルワーカーの役割や機能について論じなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,881
ダウンロード数69
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定、45/50点いただきました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     包括的・総合的な援助と多種職連携について、ソーシャルワークの専門性に留意し、チームアプローチにおけるソーシャルワーカーの役割や機能について論じなさい。
     包括的・総合的な援助における多種職によるチームアプローチにおいて、ソーシャルワーカーはクライエント側の立場に立って、人権を尊重する役割を持ち、予防、新しいニーズへの対応、総合的支援、権利擁護、社会資源開発等の機能を果たす。このチームアプローチにおけるソーシャルワーカーの役割や機能について詳しく論じたい。
     まず、包括的、総合的な援助がなぜ必要であるかについて述べる。現代社会においては、権利意識の向上、生活多様化、社会制度の複雑化等によりニーズが多様化してきており、
    従来の縦割り的、一面的な方法では対応できない事例が多い。よって、多種職の専門家の知恵を出し合い、多面的な方向から支援を行う、包括的、総合的な援助が必要なのである。
     この包括的、総合的な援助においては、チームアプローチというアプローチが欠かせない。チームアプローチとは、専門の異なる多種職がチームを組み、ある共通の目的のために協働する取り組みである。多くの専門家が集まる事で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。