障害者福祉の理念としての「ノーマライゼーション」と「リハビリぜーション」の概要について説明し、障害者福祉を進めていく上での意義について述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,078
ダウンロード数37
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定、80/100点いただきました。
    良くまとまっていると思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    障がい者福祉の理念としての「ノーマライゼーション」と「リハビリテーション」の概要について説明し、障がい者福祉を進めていていく上での意義について述べなさい。
     ノーマライゼーションとは障害者を施設に隔離する等の特別扱いをすることなく、健常者と共に生活できる様な生活条件を提供する事と定義できる。また、リハビリテーションとは、障害者が医療・福祉活動を総合して、残された能力を回復させ、ノーマルな生活を取り戻すための働きかけと定義でき、ノーマライゼーションを実践するため方法論ともいえる。これら両概念について、歴史的背景を踏まえて詳細を述べたい。
     まずノーマライゼーションについて述べる。この考えが生まれる以前、障害者は教育すれば治ると考えられていた。だが実際には治療効果は余り出ず、そのまま施設へ放置され、悲惨な状況下におかれていた。この様な状況下、19 50年代のデンマークにて、ノーマライゼーションの父と呼ばれるバンク―ミケルセンによりノーマライゼーション原理が提唱され、後にスウェーデンのニィリエにより発展される。これは、障害者は施設に閉じ込められ、差別されるのが当然の中、画期的出来事であった。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。