平成18年4月からの介護保険制度の改正の内容についてまとめ、改正後の課題について論じなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,136
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定、40/50点をもらいました。
    介護保険法改正の内容や課題についてまとめて述べていると思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     平成18年4月からの介護保険制度の改正の内容についてまとめ、改正後の課題について論じなさい
     平成18年4月から、介護保険制度の大きな改正が行われた。主な項目を列挙していくと、以下の様な内容となる。
    より介護予防を重視して、介護予防事業
    を新たに実施する。②各市町村で地域包括支援センターを設置する。③要介護認定が「要支援1・2」「要介護1~5」の7段階となる。④新しい地域密着型サービスの開始。⑤第1号被保険者の介護保険料の見直し。⑥ケアマネージャーと指定事業所をそれぞれ5年と6年の更新制として、サービス向上を狙う。
     これらの改正における主要な目的は『介護予防の重視』『地域ケア体制の強化』の2点であり、この2点に大きく関係する上記①~④の内容についてまとめ、改正後の課題について論じたい。
     まず、①の介護予防事業について説明する。介護保険制度が始まってから3年、20 03年3月末で被保険者は21 65 万人から23 93万と
    10 .5%しか増えてないのに対して、要介護認定者は21 4万人から34 4万人と57 .8%と増加しており、特に「要支援、要介護1」の増加率は71 .4%、9..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。