地誌学通論 第1回 森林開発の現状と問題点 評価B 2008

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数427
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    地誌学通論
    第1回目「(1)世界のさまざまな地域で行われている森林開発について、テキスト第3章~第10章の各地域のうちから二つを選び、その地域における現状と問題点をまとめて述べよ。 」のレポートです。評価はBでした。2008年の問題です。参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地誌学通論
    2008/6
    第1回目
    世界のさまざまな地域で行われている森林開発について、テキスト第3章~第10章の各地域のうちから二つを選び、その地域における現状と問題点をまとめて述べよ。  
    ①東南アジアの森林開発の現状と問題点
    東南アジアの熱帯雨林気候地域はスマトラ島やカリマンタン島に代表されるが、森林開発において問題がある。従来から日本への輸出などもあり、木を切ることで口に糊する生活をマレーシアやインドネシアの当住民は行っている。環境云々よりも生活がかかっているため、国際的な法律や援助といった形の前に一国としてどう政策をたてるかが重要であると考えられる。一例をあげれば、焼畑などの広がりは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。