教育心理学 第1回 「思考力」を育成するために効果的な方法 評価A 2009

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数196
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    教育心理学 「(1)さまざまな情報に満ち溢れた現代社会では、自ら考え、判断する力がますます必要とされている。このような「思考力」を育成するために効果的な方法について考察せよ。」のレポートです。評価はAでした。2009年度の問題です。参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    情報化社会に対する「思考力」とその育成方法
    情報化社会における「思考力」が必要な理由を<1>~<4>に分け、考察した。
    *********************************************************************************
    <1>問題:既有知識や先入観、バイアスなどの危険性
    <2>手段:「思考力」(自己省察的思考、クリティカルシンキング)
    <3>育成方法:領域的知識の蓄積、吟味、実践 
    問題補足の習性、自己スキーマ、ステレオタイプなどの弊害を知る
    <4>まとめ:報化社会において「思考力」がないと何故困るのか?
    *********************************************************************************
    以下、この順に沿って考察を述べる。
    問題:既有知識や先入観、バイアスなどの危険性
    思考におけるバイアス 既有知識や先入観がバイアスを与えるのは、人間が経験的判断から物事をまず解決しようとするため起こるものである。それは様々な経験を通して身につけられたものであり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。